学科紹介

環境デザイン学部

環境デザイン学部 環境デザイン学部

分野を横断しデザインを多様な領域から学ぶことにより、既存の概念にとらわれない柔軟な思考力と表現力、他者と協調する力を養います。複雑に変化する社会の中で、自らの生きる環境をデザインし、広い視野で課題を発見して解決に向け提案・行動できる人材を育成します。

Keyword

  • 建築・インテリアデザインコース
  • プロダクトデザインコース
  • ファッションデザインマネジメントコース
  • デザインプロデュースコース

環境デザイン学科

環境デザイン学科 環境デザイン学科

従来の家政学や工学などの枠組みを越え、将来デザイン力とデジタル対応力を生かして社会の課題を解決できる人材を育成します。 

環境デザイン学科 学科説明

建築・インテリアデザインコース 学生による説明

プロダクトデザインコース 学生による説明

ファッションデザインマネジメントコース
学生による説明

デザインプロデュースコース
学生による説明

よくあるご質問

学科への質問はこちら

学科の特徴を教えてください。

環境デザイン学科には建築・インテリアデザイン、プロダクトデザイン、ファッションデザインマンマネジメント、デザインプロデュースの4つのコースがあります。これらのコースを横断した学びが特徴です。詳しくは環境デザイン学科のオリジナルホームページをご覧ください。http://swukankyo.jp/kankyodesign

コースはいつ決めればいいですか?

入学前に決めておくことをおすすめします。1年次前期にデザイン基礎という科目があり、4コースそれぞれの課題を体験しながら決めていくこともできます。

建築・インテリアデザインコースを希望していますが、文系で理数系科目が苦手でも大丈夫ですか?

文系でも希望することができます。苦手意識を払拭し努力することが重要です。

デッサンが苦手ですが大丈夫ですか?

デッサンを基礎から学ぶ授業があります。また、日ごろから観察眼を養うためにスケッチをするなどの努力も大切です。

演習科目の授業ではどのような課題に取り組んでいますか?

各々のコースで様々な課題に取り組んでいます。授業の概要や目標、授業内容、課題がまとめられている「シラバス」を確認してみましょう。またオープンキャンパスでも学生の作品を展示していますが、環境デザイン学科のオリジナルホームページでも学生の作品を紹介していますのでご覧ください。http://swukankyo.jp/kankyodesign

サークルや部活動と授業の課題の両立はできますか?

バランスが大切です。自己管理により両立可能です。

パソコンはいつ頃購入すればいいですか?

1年生で購入するのがよいでしょう。ただし、CADやグラフィック等のソフトを入れても対応できるスペックのものをお勧めします。

企業や地域と連携したプロジェクト活動について教えてください。

環境デザイン学科では通常の授業のほかにDP総合演習というプロジェクト型の科目があります。学内、地域、企業と連携し実践的な活動を行っています。これらの活動には、コースや学年を問わずエントリーすることができます。

海外デザイン演習はどのようなところに行っていますか?時期はいつですか?

夏休みを利用して建築・インテリアデザインコースは毎年実施、プロダクトデザインコースとファッションデザインマネジメントコースは隔年で実施しています。フランスやイタリア、ドイツなどヨーロッパや北欧など行き先は様々です。デザインプロデュースコースはボストンサマーセッションのプログラムに参加しています。残念ながら今年度は実施を見送りましたが、来年度以降は実施予定です。

学科で取得できる資格について教えてください。

一級建築士受験資格、商業施設士受験資格、建築設備士受験資格、JABEEプログラム*1、施工管理技士受験資格、学芸員などです。*1:建築・インテリアデザインコース対象

就職先・進路について教えてください。

多くの卒業生がそれぞれのコースの特徴や専門性を活かした職についています。詳しくは環境デザイン学科のオリジナルホームページをご覧ください。
http://swukankyo.jp/information/shushoku

AO入試について教えてください。

今年度AO入試への出願を希望される受験生は、入試情報サイトに出願書類の受け取り方法について掲載されていますので、申し込みをしてください。出願書類の他、環境デザイン学科を希望される受験生は課題を受け取ることができます。なお、課題に関する質問にお答えすることはできませんので希望するコースの課題をよく読み、課題に取り組んでください。 入試情報サイトにAO2次選考の小論文について過去問題が掲載されています。参考にしてください。 入試の内容についての質問にはお答えできません。入学試験要項をよく読んだうえで、課題、適性テスト、小論文や面接などの勉強・準備を進めてください。