新型コロナウイルス感染症対応新型コロナウイルス感染症対応

前のページへ戻る

  1. TOP>
  2. 新型コロナウイルス感染症対応

入試

■試験実施上の注意

・試験会場では必ずマスクを着用してください。不織布マスクの利用を推奨します。
・受験生全員の検温を行います。検温に応じない者は受験できません。
・試験会場へは付添者は原則入構できません。やむを得ない事情がある場合は、必ず試験実施1週間前までにアドミッションセンターにお問い合わせください。
・その他、自身が受験する試験要項に記載されている注意点を必ず確認してください。


■感染症等の罹患による試験の振替等について

学校保健安全法で出席の停止が定められている感染症(新型コロナウイルス感染症を含む)または流行性の感染症にかかり、治癒していない場合は、他の受験生への感染のおそれがありますので、受験を認めません。新型コロナウイルス感染症に罹患し試験日までに医師が治癒したと診断していない者や、試験日直前に保健所等から濃厚接触者※に該当するとされた者も、受験を認めません。
※B.1.1.529系統(オミクロン株)以外の濃厚接触者も含みます。
試験当日の検温で37.5度以上の発熱が認められる場合も受験を認めません。
なお、上記の理由により受験を取り止めた受験生は、後日に実施する入学試験への振替、または検定料の返還が可能です。
但し、3月期試験・外国人留学生入学試験・大学院2月期試験は検定料返還のみの対応となります。

【後日に実施する試験への振替を希望する場合】
・試験当日の正午までに下記連絡先へ電話連絡をしてください。
申請書を後日郵送してください。

【検定料の返還を希望する場合】
・試験当日の正午までに下記連絡先へ電話連絡をしてください。
申請書および診断書(病名および試験当日を含む治癒期間が記載されているもの)を後日郵送してください。

【電話連絡先】
<A日程試験、B日程試験、3月期試験>
(試験前日まで)昭和女子大学アドミッションセンター TEL:03-3411-5154
(試験当日のみ)昭和女子大学試験実施本部 TEL:03-3411-5116
<外国人留学生入学試験、大学院2月期試験>
(試験前日・当日ともに)昭和女子大学アドミッションセンター TEL:03-3411-5154


■その他の受験上の注意事項について

・昼食について
文部科学省のガイドラインに従い、昼食は控室ではなく試験室の自席で食べてください。
食堂・売店等、学内で食事を提供・販売する施設は試験日に営業していません。
学外で昼食をとることは可能ですが、それに伴い午後の試験に遅れた場合、試験時間の延長は認めません。

・ソーシャルディスタンスの確保
文部科学省のガイドラインに従い、例年より1試験室あたりの受験者数を減らしました。
併せて1試験室内の机間の文部科学省が推奨する距離を確保しています。

・換気の実施
文部科学省及び厚生労働省のガイドラインに従い、試験当日は換気を実施します。
試験時間中にも窓を開けることがありますので、寒くならない服装でお越しください。

・消毒の実施
試験前までに受験生用の机と椅子を全て消毒します。試験終了後も同様に受験生が使用した全ての机と椅子を消毒します。
※本学の消毒にはアルコール除菌剤を使用しています。


–>