SJ VOICE

  1. TOP>
  2. キャンパス体験・進学相談>
  3. SJ VOICE>
  4. 言語聴覚士コースは身体全般について学びます

言語聴覚士コースは身体全般について学びます

梶野 祐衣

福祉社会学科 言語聴覚士コース3年
出身高校:開智高等学校出身
掲載日:2020.10.21

福祉社会学科を選んだ理由

 言語聴覚士コースで学んでいます。母が発達支援の保育士として働いており、高校3年の時、職場の言語聴覚士の方にお話しを聞く機会があったことがきっかけで志望しました。心理学の学びにも興味があり、大変迷いましたが、大学4年間で何か国家資格を取得したかったことと、言語聴覚士は心理学の知識が必要不可欠であることを知り、福祉社会学科を選びました。

大学の学び

 大学1・2年の時間割は月~金曜日、1~4時限目まで授業がありました。1年の時は、基礎医学で「人体の構造と機能」を学びます。身体全般について、医師を目指しているのか?こんなに必要か?と思うほど細かく学びました。「臨床医学」では手術の写真を見ます。私は比較的平気なのですが、授業中にざわついたこともありました。
 心理学の分野は、臨床心理学や生涯発達心理学、神経心理学、学習・認知心理学を学びました。また、「心理測定法」の授業では、心理検査法、心理調査法、心理統計を学び、新しい発見がありました。理数系の授業が多いので、受験の時、数学を選択していて良かったと思っています。

1年後期の授業

望秀海浜学寮で 海岸の清掃

学生生活

1年生後期からアルバイトを始めました。オープニングで入った飲食店のアルバイト仲間とは人間関係も良く、今も続けています。時間管理をしっかり行えば、アルバイトの掛け持ちも可能です。

2年生春休みに友人と 京都へ旅行に行きました

今後の目標

 3年後期から小児の聴覚について卒論を書き始めます。4年は前期に6週間の言語聴覚士の臨床実習、そして例年2月に実施される国家試験に向けて頑張ります。私は働く女性はかっこいいと思うので、母のようにしっかり働きたいです。家庭も仕事も両立することが将来の目標です。

受験生へ3つのアドバイス

①大学で何を学びたいか、しっかり考えて大学選びをしてください。気になっている大学の特
 徴・カリキュラムを良く調べた方が、充実した学生生活を過ごせます。
②周りの人からのアドバイスも、参考にしてください。
③後悔しないように、全力を尽くしてください。