SJ VOICE

  1. TOP>
  2. キャンパス体験・進学相談>
  3. SJ VOICE>
  4. 栄養士と教員免許、2つの資格取得をめざしています

栄養士と教員免許、2つの資格取得をめざしています

吉成 祐稀

健康デザイン学科 4学年
出身高校:八千代松陰高等学校
掲載日:2021.08.25

昭和女子大学を選んだ理由

栄養士と教員免許状、2つの資格取得ができる大学を探していました。高校3年の夏、オープンキャンパスに参加し、大学の学びが充実していることや学生同士の良い雰囲気、また真面目に勉強していることが好印象で志望しました。

健康デザイン学科の学び

栄養士と教員の資格取得を軸にしながら、その他にも興味をもったことには挑戦してきました。一番授業数が多い時で、月~金曜日1~5限、土曜日も1限のみ授業という時間割もありました。調理実習や実験がカリキュラムに多く組み込まれており、グループ発表についての話し合いや資料作成の準備を通じて友人との仲も深まったと感じています。特に栄養士と教員両方の資格をめざしている学生は同じ学年で8人なので、いつも助け合っています。

一番好きだった授業は、2年次後期に履修した「栄養学実習」です。自分の1日の食事と活動記録、そして尿と血液の生化学データを分析・考察します。栄養素がどのくらい血液に溶けているか、食べた物がどれくらい排泄されているのか等を確認します。血液は看護師の方に採取してもらい、尿は1日分を自分で溜め、大学で凍らせて何度かに分けて実験します。食事は食材や量も全て記録します。例えば前日食べた物で塩分が多い物があると尿の排泄量も増えています。自分の血液や尿のデータで分析・考察できた貴重な体験でした。食事は私にとって、とても楽しく、美味しい物を食べると幸せな気持ちにもなるので、大切な時間です。自分が取った食事が自分の身体になっているということを改めて授業で学んだことで、これからも健康についてきちんと意識し、食事の良さであったり、楽しさだったり、健康に繋がっていることをたくさんの人に伝えたいと考えるようになりました。

教職課程では、2年次後期に介護等体験で老人ホームに5日間、特別支援学校に2日間参加しました。通常の生活ではあまり関わることのない高齢者の方から戦争の体験談をお聞きしたり、今後働く環境も変わっていくからしっかり将来を考えるようにとアドバイスを頂いたりしたことで、新たな気づきがありました。特別支援学校では小学2~3年生の子ども達のクラスに配属され、公共交通機関の利用方法の訓練引率をしました。一緒にバスに乗っている時に人懐っこく話しかけてくれて、2日間という短い期間でしたが、明るい子ども達と楽しく過ごせました。そして4年次前期に出身中学校で3週間の教育実習をしました。教育実習後半に生徒達から「これからもずっと来てほしい」と言われたことや、指導教員から「教員に向いているね」という言葉をいただいた時は嬉しかったです。教育実習は準備も実習中も大変でしたが、毎日学校へ行くのが楽しく有意義な3週間でした。

2年次後期の時間割

学寮研修(宿泊研修)へ向かう途中、箱根神社に立ち寄りました。 教職課程を一緒に履修している 友人です。

アメリカ栄養士研修

2年次の春休みに「アメリカ栄養士研修」に3週間参加し、医学部の先生や病院栄養士の方に話を聞くことができました。日本の栄養士の仕事をある程度理解してからアメリカ栄養士研修に参加できたことで、日本とアメリカでの栄養士のあり方を比較することができました。アメリカの栄養士は医療チームに入って、食事面ではリーダーとして管理しています。食事に対する考え方や宗教問題、貧富の差により食べる物も違うということを知りました。大学の学生食堂では、ユダヤ教の学生用にスペースが分かれていて、食材がユダヤ教の食事規定の範囲であり、調理器具もきちんと分けて使われていました。また、スーパーでは無添加の野菜や環境に配慮した肉等もありました。アメリカ栄養士研修に参加したことで、日本だけではなく、世界を知って日本と比較することで、より多くの人に役立つと感じ、大きな観点で栄養を積極的に学びたいと思いました。

アメリカ栄養士研修プログラム修了式後、昭和ボストンのレインボーホールで撮影しました。

卒業研究について

現在、健康デザイン学科の花香先生が共同研究を行っている国立国際医療研究センター脂質シグナリングプロジェクトにおいて研究生として研究を行っています。卒業研究では脂質に着目していますが、今は基本的な実験作法を学んでいます。

学生生活について

吹奏楽部で週2日18:00~20:00に活動しています。アルトサックスは中学から続けていて、秋の学園祭、年末の定期演奏会に向けて練習しています。ディズニーの曲を演奏するのが好きです。

大学3年まで、週2日個別指導の塾講師アルバイトで中学の数学と英語を教えていました。大学4年からは将来のことを考え、病院厨房での調理アルバイトに変えました。授業が多く大変ですが、元々スケジュールを詰めたい性格なので、アルバイトも部活動もして、毎日が充実しています。実験の授業が早く終わった時は三軒茶屋のカフェへ友人と行くこともあります。

空き時間を利用して、三軒茶屋のカフェに行きました。濃厚なカラメルがとても美味しかったです。

今後の目標・受験生へのアドバイス

大学卒業後は、大学院に進学します。管理栄養士の資格を取得し、病院で管理栄養士として働くことが現在の目標です。

<受験生へのアドバイス>

・やりたいと思ったことは、とりあえずやってみる。

・思い至ったら、すぐ行動。

・時間は自分で作る。