一般・共通テスト利用型入試一般・共通テスト利用型入試

前のページへ戻る

  1. TOP>
  2. 大学 入学試験>
  3. 入学試験
  4. 一般・共通テスト利用型入試

昭和女子大学の入試はスマート出願です。
受験生の選択肢がグッと広がります。



2020年4月から開始された新たな修学支援制度(文部科学省ホームページ)について、昭和女子大学は支援措置の対象となる機関に認定されています。
「高等教育の修学支援新制度」に申請した受験生は、以下の手続ページを確認のうえ、お手続きください。
⇒高等教育の修学支援新制度に関する手続について

入試日程(2022年度入試):出願は郵送受付(消印有効)のみ

一般・センター型入試
入学時納入金を一括または二段階での納入から選択できます。入学時納入金の二段階手続き締切日は3/4(金)です。

入試概要

A日程入試とB日程入試は2週連続の実施となります。両日程の入試に出願した受験生への制度として、A日程の合格(1/28(金)発表)によりB日程を欠席の場合、本学に入学後B日程の入学検定料返還を申請できます。
詳細ならびに出願資格については、入学試験要項(一般・共通テスト利用型)でご確認ください。

A日程入試 【複数の学科に出願できます】

複数の学科を同時に出願した場合は、検定料の割引を行います。

試験会場 世田谷キャンパスを含む全国11会場
仙台・水戸・宇都宮・高崎・新潟・富山・静岡・福岡・大宮・東京(世田谷(本学)・東京駅会場)
※大宮会場・東京駅会場は先着順で受験を受け付けます。
選考方法 ・学科により3科目または2科目の成績で合否を判定します。いずれの学科も、最大3科目(国語・英語・選択)の受験ができます。2科目で選考する学科を3科目で受験した場合、各学科の指定によって、受験した科目から2科目の成績を採用して選考をします。

・合格ボーダーライン層(上位95%~105%)の受験生は、出願時に登録された、本学が求める「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を得点化し、その得点で新たに順位を算出して合否を決定します。

・英語コミュニケーション学科・国際学科に出願する場合は、リスニングの受験が必須です。

・複数の学科に出願する場合は、受験する科目が各学科の指定する条件を満たしていることが必要です。

・学科により国語の出題範囲や選択科目が異なりますので注意してください。

B日程入試 【複数の学科に出願できます】

複数の学科を同時に出願した場合は、検定料の割引を行います。

試験会場 世田谷キャンパス
選考方法 ・全学科2科目の成績で合否を判定します。ただし、最大3科目(国語・英語・選択)の受験ができ、各学科の指定によって、受験した科目から2科目の成績を採用して選考を行います。

・英語コミュニケーション学科・国際学科に出願する場合は、リスニングの受験が必須です。

・複数の学科に出願する場合は、受験する科目が各学科の指定する条件を満たしていることが必要です。

・学科により国語の出題範囲や選択科目が異なりますので注意してください。

3月期入試 【複数の学科に出願できます】

複数の学科を同時に出願した場合は、検定料の割引を行います。

試験会場 世田谷キャンパス
選考方法 ・全学科必須2科目の成績で合否を判定します。

・英語コミュニケーション学科・国際学科に出願する場合は、リスニングの受験が必須です。

共通テスト利用型I期・II期入試 【複数の学科に出願できます】

本学の独自試験は課しません。
複数の学科を同時に出願した場合は、検定料の割引を行います。

選考方法
(一般方式)
・大学入学共通テストの成績を利用できる入試で、各学科が指定した2科目の成績で合否を判定します。

・学科により大学入学共通テストの成績を採用する科目、採用方法が異なりますので注意してください。
選考方法
(英語4技能試験活用方式)
・英語4技能試験の基準を満たした方が出願できます。

・大学入学共通テストの成績を利用し、各学科が指定した1科目の成績で合否を判定します。

・募集学科はビジネスデザイン学科、英語コミュニケーション学科、国際学科です。