入学試験のポイント

前のページへ戻る

  1. TOP>
  2. 大学 入学試験>
  3. 募集概要
  4. 入学試験のポイント

昭和女子大学の入試はスマート出願です。

全入試インターネット出願、複数学科への併願可能な入試、同時出願による複数学科併願の
検定料割引制度など、様々な受験生のチャレンジに対応しています。

受験の選択肢がグッと広がります。

昭和女子大学の入学試験は、複数回受験できるよう日程を考えているため、チャレンジする機会が多くあります。さらに昭和女子大学の入学試験はスマート出願です。

ポイント

インターネット出願

全入試がインターネット出願です。出願手続きも簡単です。

検定料もクレジットカードまたはコンビニで手続きできます。また、一回の出願で高等学校の調査書は一通だけ、一般入試で複数の入試に同時出願する受験生にとって便利でエコなサービスです。
マイページで受験票の印刷、合否確認、合格通知の印刷もできます。

同一入試学科併願

一般入試では、A日程入試以外は複数学科に併願が可能です。

B日程入試 /3月期入試 /センター型Ⅰ・Ⅱ期入試

B日程入試は2科目高得点採用、最大3科目受験可

B日程入試は、2科目採用の入学試験ですが、2科目での受験の他、「国語」・「英語」・「その他科目」でそれぞれ1科目、最大3科目での受験も可能です。出願した学科の「必須科目以外の選択科目」について受験した科目の高得点を採用します。複数の学科に出願できる入学試験なので、3科目受験だと併願できる学科が広がります。

同時出願併願割引

複数学科併願にお得な検定料割引制度があります。

複数学科に出願できる入試で、同一入試に同時出願した場合には、2学科目以降の検定料を1学科10,000円に割引します。

同時出願併願割引
センター型入試は、1学科 15,000円+追加10,000円+追加10,000円になります。
さらに!受験生にやさしいサービスが2つ!

近くで受験

A日程入試は、全国10会場で実施。

仙台・水戸・宇都宮・新潟・富山・静岡・福岡・池袋・八重洲(東京駅)・世田谷(本学キャンパス)で実施します。自宅近くの会場で受験できます。
池袋と八重洲会場は、先着順(本学での志願書処理)となります。

近くで受験

安心手続き

A日程・B日程・センター型Ⅰ期入試は、余裕のある入学手続き期限、2段階手続きが選択できます。

A日程・B日程・センター型Ⅰ期入試については、ご家庭の経済的な事情や他大学と併願する受験生を考慮し、余裕のある入学手続き期限にしています。また、入学金、学納金等の納入方法を一括納入または二段階(一次:入学金、二次:その他学納金等)納入の選択ができます。

入学手続書類は、一次手続期間内の郵送受付です(消印有効)。
二次手続きの期限は、3/4(月)です。

変更点:2019年度入試

一般入試(A日程・B日程)2週連続実施と入学検定料返還制度

  • A日程1/27(日)、B日程2/4(月)で入学試験を実施します。2週連続の実施です。ご自身に合う入試に出願してください。両日程の入試に出願した受験生への制度として、A日程の合格(2/1発表)によりB日程を欠席の場合、本学に入学後B日程の入学検定料返還を申請できます。※A日程入試での入学が条件となります。

一般入試(A日程・B日程・3月期)選択科目の変更

  • 国際学科:リスニングテストを実施します。
    必須「英語」にプラスしリスニングテスト(20点満点)を実施、「英語」と「他の選択科目」と合わせて220点満点になります。

センター型入試(Ⅰ期・Ⅱ期)

  • 心理学科:「国語(古文・漢文除く)」と「英語」を200点換算し高得点の科目を採用。その他指定する科目群で受験した科目をそれぞれ100点換算し高得点高得点の科目を採用します。合わせて300点満点になります。

センター型入試(Ⅰ期・Ⅱ期)に英語4技能検定試験活用方式を導入

  • 国際学部(英語コミュニケーション学科・国際学科)、グローバルビジネス学部(ビジネスデザイン学科)で「英語4技能検定試験活用方式」を導入します。
    英語4技能検定試験のスコア・成績を出願基準とし、指定の科目から1科目高得点採用をします。

グローバル入試の廃止

  • センター型入試で英語4技能検定試験の活用を拡大するため、グローバル入試は廃止します。

公募制・光葉同窓会推薦入試

  • 本学(管理栄養学科、健康デザイン学科を除く)ならびに他大学との併願が可能です。
  • 多くの学科で出願基準「成績等の条件」を変更しました。「全体の評定平均値」3.4以上は変更ありません。
  • 指定する検定試験の成績、学校での役員歴などを書類選考時に加点評価します。
  • 環境デザイン学科:筆記試験は「スケッチ等の技術テスト」を廃止し「小論文」とします。
  • 国際学科:筆記試験は「適性テスト」とします。

大学AO入試

  • 指定する検定試験の成績、学校での役員歴などを書類選考時に加点評価します。
  • 国際学科:筆記試験は①「小論文」45分、②「適性テスト」60分とします。

外国人留学生入試

  • 変更はありません。

編入学・転入学・学士入試

  • グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科が新規で募集を開始します。
  • 国際学科で以下の変更があります。
  • 出願資格に検定試験(ドイツ語・スペイン語・フランス語・韓国語・中国語)の成績を課します。
  • 筆記試験は①「英語」60分、②「小論文」60分とします。

変更点:2020年度入試

センター型入試(Ⅰ期・Ⅱ期)

  • 国際学科:外国語の採用科目は「英語」のみとします。

2021年度入試(2020年度実施)について

昭和女子大学では、大学入試センター試験が大学入学共通テストに変更となる2021年度入学試験(2020年度実施)について、以下の内容を予定しています。

【大学入学共通テストの成績を利用した入学試験について】

    大学入学共通テストから記述試験が採用される「国語」、「数学Ⅰ」、「数学Ⅰ・数学A」も含め、大学入学共通テストの成績を利用した入学試験を実施します。
  • 国語の記述式の段階別成績については、その結果を昭和女子大学で得点化しマークシート式問題の得点に加算します。数学の記述式については、マークシート式問題と一体で出題・配点されるため、記述式の得点はそのまま利用します。
  • 英語は、大学入学共通テストの教科「外国語」出題科目「英語(リスニング含む)」の得点を利用します。

【一般選抜における「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」の評価について】

    一般選抜は学力を重視しますが、以下の入学試験では本学が求める「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を評価します。
    対象入試:A日程入学試験
    判定方法:
    1. 1.受験生を筆記試験の得点順に並べ、合格予定者数の上位95%までの順位にはいった受験生を成績上位層、上位95%~105%の順位にはいった受験生をボーダーライン層とします。
    2. 2.成績上位層の受験生は合格とします。
    3. 3.ボーダーライン層の受験生については、出願時の資料に基づき、昭和女子大学で必要とする主体性得点を算出します。この得点に基づいて新たに順位を求め、合格予定者数に達するまで合格とします。
    4. 4.3の合否判定で合格予定者数に達しなかった場合は、筆記試験の得点に立ち戻り、得点順に合格予定者数に達するまで合格を出します。
    5. 5.上記の手続きで合格にならなかったボーダーライン層の受験生ならびに上位105%に達しない順位の受験生は不合格とします。
    入学試験の詳細については、2020年7月末までにホームページならびに入学試験要項で発表します。

【英語4技能検定試験の得点・成績を利用した入試について】

    英語4技能検定試験の得点・成績を出願基準とし、大学入学共通テストの成績を利用した入学試験を実施します。実施学部・学科、入学試験の詳細については、2020年7月末までにホームページならびに入学試験要項で発表します。

ページ先頭に戻る